母と娘を優しくつなぐ~紅差しの儀(べにさしのぎ)~

Blog

 結婚式とは、新郎新婦がこれまでお世話になってきた方々へ結婚の報告をするとともに、周りの方へ感謝の気持ちを伝える場として、とても大切なものですよね。特に、これまで大切に育ててきてくれたお父さん、お母さんに伝えたい感謝の言葉は、数え切れないほどあるのではないでしょうか?

しかし、式当日は身支度や進行に追われ、バタバタ多忙になってしまうもの。 そんななか花嫁と母親が行う儀式として、人気を集めているものがあります。 その名も「紅差しの儀」。

みなさんは聞いたことがありますか?

TORUTOKOYA / 紅差しの儀(Youtube)

「紅差しの儀」とは

 別名、「嫁ぎの紅」「紅引きの儀」ともいわれるこの儀式は、花嫁となる娘の唇に、母親が紅筆で口紅を塗ってあげることを指します。

 もともと紅、つまり赤色は魔よけや厄除けのために、昔から使用されてきた色です。神社の鳥居や仏閣の橋などを見れば、その由来がよくわかりますね。身近なところでは、お祝いの席でふるまわれる「お赤飯」なども、そのひとつです。昔から日本人は、小豆を使って米を赤く色づけすることで、ふりかかる邪気を払い、幸運が長く続くよう願ってきました。

 「紅差しの儀」が持つ意味も、まさにその通り。母親は嫁ぎ先へ送り出す娘が幸せになるように、その身に一切の災いが降りかからぬように願いながら、紅筆で丁寧に赤色をつけていきます。

 また、紅を差す間の静かに流れる時間は、母娘水いらずで過ごせる貴重な時間にもなります。ここまで一生懸命に育ててくれたお母さんに「ありがとう」の気持ちを伝え、結婚前に「娘」として過ごす、最後のひととき。そんな貴重な瞬間をもたらしてくれるのが、この「紅差しの儀」です。

生まれた時から、毎日服を着せ、髪を整えてきてあげた娘。その最後の“身支度”を手伝う母の姿は、当事者たちはもちろんのこと、側で見ているお父さんやスタッフたちの胸までも熱くする、感動の光景です。

どのようなタイミングで行うのか

 さて、「紅差しの儀」は、一体どのようなタイミングで行えばいいのでしょうか? 新郎新婦の意向や、式の進行などにより、大きく分けて、4パターンあるようです。

  • 挙式前の身支度のとき
  • まずオーソドックスなのは、挙式前の身支度でのタイミングです。すべての着付けやヘアメイク、化粧などを終えた後に行います。美しい花嫁姿に仕上がった娘を目の前に、ゆっくりと紅を差してあげる時間は、忘れることのできない思い出になりそうですね。

  • 挙式直前のとき
  • 会場に入る前のタイミングで、儀式を行うパターンです。これから大勢の参列者にお披露目しようとするこのタイミングは、新郎新婦ともにもっとも緊張が高まる瞬間でもあります。そんなとき、お母さんの優しい手つきで行われる「紅差しの儀」は、花嫁の緊張をほぐす、よいきっかけになるかもしれません。

  • お色直しのとき
  • お色直しのタイミングで、この儀式を取り入れる方もいらっしゃいます。新しい衣装に身を包み、気分も一転するお色直し。支度が整ったあとに、最後、お母さんに紅を塗ってもらうこの時間は、花嫁さんがほっとできる貴重なタイミングとなるでしょう。

  • 式の中で、参列者に見守られながら
  • 式の最中に、儀式を行うパターンもあります。これまでお世話になった多くの親戚、知人たちに見守られながら、母から娘へ「紅差しの儀」を行います。花嫁の表情が、ふと「娘」に戻る瞬間を目にしながら、その「娘」を送りだす母の切なくも幸せな気持ちに思いを馳せると、見ている側の心までも温まりそうです。

    4つのうちどのタイミングであっても、この儀式からは深い親子の愛情が伝わってきます。ご自分たちの結婚式なら、どのような取り入れ方がふさわしいのか、主役であるお二人で話し合うのも、また楽しいイベントですね。

    シンプルだけれど記憶に残る瞬間。母から娘への想いを込めて

     ところで、この「紅差しの儀」は、ウェディングドレスで行う「ベールダウン」とは違って、和洋どちらのスタイルであっても取り入れることができます。大がかりな準備や金額がかかるわけでもなく、そのうえ、儀礼を行うのはお母さんでなくても、花嫁姿を喜んでくれるお祖母さんや、姉妹、親しい友人などに頼む方もいるとのこと。

     その点も踏まえ、この「紅差しの儀」は、誰でも行えるシンプルな儀式として、今後も花嫁さんたちの間で、ますます広く取り入れられていくことでしょう。

    おわりに

    以上、今回は「紅差しの儀」についてご紹介しました。

    この儀礼を通じて再確認できる、母から娘への深い愛情。新しい世界へ巣立っていく娘にとっても、そんな娘を見送る母にとっても、ぜひオススメしたいイベントのひとつです。

    ※文中の写真は、東京都葛飾区にある『山本亭』にて撮影しました。大正ロマンの趣あふれる建築は、和装を美しく引き立ててくれます。
torutokoya
bytorutokoya