Clothing衣装

松竹菊に舞鶴しょうちくきくにまいつる

縁起の良い松、竹、菊の文様に、大ぶりな白鶴が舞う艶やかな一着。赤には『太陽』や『生命』の意味があり、お顔映えが明るく見えます。刺繍を多用した手の込んだ作りのため、近くで見た時に荘厳さが伝わってくるようです。

衣装No(ご希望の衣装をお伝えする際にご使用ください)

No.KC012RD

Other Clothing / その他の衣装

慶孔雀けいくじゃく

半衿はんえり

金糸銀糸に鶴きんしぎんしにつる