前撮り写真で作る! 披露宴をワンランク上に魅せる、演出と小物

Blog

 これから結婚式を挙げられるお二人にとって、結婚式に参列していただく方をどのようにもてなすかは最大の悩みであり、関心事だと思います。

年齢も性別もバラバラの参列者の皆さんに、より楽しんでいただくためには一体どのようなものを準備すれば良いのでしょうか?たくさんの選択肢がある中から、前撮り写真を使って作ることができる、代表的なものをご紹介します。

入口で参列者をお出迎え!オリジナルの「ウェルカムボード」

 前撮り写真の利用方法として、もっとも人気を集めているのがウェルカムボードです。ウェルカムボードとは、披露宴会場の入口に飾る案内板のことで、新郎・新婦に先駆けて、参列者をお出迎えする重要な役割を担っています。

ボードには、「Welcome to our wedding reception(私たちの結婚披露宴へようこそ)」のような歓迎メッセージをはじめ、新郎・新婦の名前、結婚披露宴の日付、会場名などが記載されます。会場に入る前の参列者がまず目にするこのウェルカムボードは、お二人の披露宴の雰囲気を伝えるファーストインプレッションになるので、決して気を抜けません。

お二人のこだわりの場所で、思い思いのポーズをとって撮影した前撮り写真が、ここで出番となります。参列者の方が普段はなかなか見ることのない、お二人の表情や衣装の写真を使うことで、おもてなしの気持ちが伝わりますし、初めてお会いされる参列者の方同士の共通の会話も生まれるきっかけになります。

 TORUTOKOYAのウェルカムボード作成サービスでは、他にはない完全オリジナリルデザインをご提案しています。たとえば、都電荒川線の駅ホームで新郎・新婦を撮影したあと、駅看板の文字をお二人の苗字に変更するといった合成作業も、ウェルカムボードをご注文いただければ無料で作成可能です。

世界にたった一つのウェルカムボードを作成したいカップルに、ぜひおすすめです。

手に取って楽しんでもらう「席次表」

 ウェルカムボードの次に目に留まるのが、この席次表です。席次表とは、参列者の席順と肩書きが記された会場配置図のことです。披露宴の受付時に手渡されることが多く、参列者一人一人が手に取ってゆっくり眺めることになります。

その席次表にはお二人それぞれのお写真やプロフィールを載せるのが一般的で、前撮りのお写真を使用することでいつもとは違う雰囲気のお二人を参列者の方にご覧いただくことができます。

また、こちらも同じテーブルのゲストの方たちとともに写真についての話題で盛り上がることもあるかもしれません。こうした席次表は、その日一番の思い出グッズとして、その後も大切に保管しておくことができるので、参列者の方々にとってもうれしいお土産になりそうです。

参列者に感謝をこめて「オープニング/プロフィール/プロモーションムービー」

 他にも、前撮り写真や前撮り映像を使って、オープニングムービーやプロフィールムービーを作ることもできます。

  • Opening Movie REDver
    • プロフィールムービー
      • プロモーションムービー
      •  洋館や和室、緑豊かな庭園などで撮影したさまざまな前撮り写真を組み合わせたり、写真撮影当日に撮ったお二人の動画を見やすく編集したりして、印象的なムービーを作ることができます。お二人の生き生きとした姿や表情は、見ている人に幸せをおすそ分けできること、間違いなしです!

        参列者の多くは当然、新郎または新婦のみとのつながりで参加しているものですが、そんな方たちに向けて、お互いのわかりやすい自己紹介も兼ねることが、ムービーの利点です。主役であるお二人にとっても、とても楽しみな仕上がりになると思います。

        結婚式当日のビデオ撮影や写真撮影と合わせて、一生手元に残しておきたい宝物になることでしょう。

        おわりに

        今回は、前撮り写真で作る、披露宴を盛り上げる小物や演出についてご紹介しました。

         貴重な前撮り写真を使っての演出・小物作りは、参列者をもてなそうとする新郎・新婦の真摯な想いが伝わる手段となります。「素敵な式だったね!」と誰もが言ってくれる結婚式を目指すため、ぜひ前撮り写真を効果的に利用してみてくださいね。

torutokoya
bytorutokoya